?

Log in

ghost in the machine [entries|friends|calendar]
Ruggles

[ userinfo | livejournal userinfo ]
[ calendar | livejournal calendar ]

「外人」も人間 [21 May 2009|03:24am]
最近はね、レイシズムの問題が特に気にしとる。日本人が別に「レイシズム」ということがないと思うけど―いや、それだからこそ気にしとる。

新聞記事のクラスの生徒さんはほとんどぺらぺらで、いつも元気だ。みんなさんはたくさん話してくれるから、外国旅行の経験もあるし、私も大分楽しめる。が、たまに考え方の相違で「やっぱり、日本人だね」とがっかり思っちゃう。例えば、ある日、生徒さんが「私だったら、義子が愛せないかも」と言った。今日も、私は「インフルエンザの危険のため、外人を日本に来させない」という意見を教えられた。「失礼な!今にもそういう危ない外人に話しとることが分からんか?!」プリプリと思った。残念だけど、日本人の先生方も時々にそんな意見をの述べる。一緒にレストランに行った時に、中国人のウェートレスと会った。私は彼女が中国人だということがさっぱりわからなかった。ただ、中国人か中国人じゃないかというのは、ぜんぜん構わない。でも友人の先生が「何でここに中国人(のウェートレス)が多いか?変だね」と大きい声で言った。それに、話し合っとるのウェートレスを子供扱いしちゃった。私は泣きたいほど恥ずかしかった。先生方を仰ぐからこそ、悔しい。

先にBBCのPoirrotという番組を見ようと思った。子供の時にも見たから、いい思い出があった。でも、今回は違った。主人公はイギリスに住んどるベルギー人だから、外人の冗談が多い。例えば、Poirrotは英語がぺらぺらなのに、イギリス人のキャラクターがPoirrotに話さないで、むしろ、彼のイギリス人の友達に話す。遂にPoirrotと話してあげる時も、大きい声で、バカな英語で話す。そんなことは冗談なのはずだけど、私は笑えない。子供の時、私はイギリス人の考え方しか分からなかったから、この冗談に笑わせた。しかも、今はイギリス人より、Poirrotのことの方が分かる。この冗談は冗談じゃなくて、私の日常経験だ。だから笑えない。

ハアァー、分からん。
smile for the camera?

art: Just Desserts [18 May 2009|10:57pm]
Hmm, I don't exactly know how this one came to be. All I remember is that I was hell-bent on making something dirty, yet artistic. I don't know that I acheived either one of those things (haha...), but I had fun nevertheless.

I love drawing things; clocks, desks, clothes, books, papers, cakes... I never get tired of them, or nearly as frustrated as I do when drawing people. And there's some terrible irony in that, considering it's people that I'm most interested in drawing. Speaking of which, Holmes was horribly difficult to draw, yet again. I can't say how many times I had to re-draw his head and it still looks mad. I decided against slicked-back hair this time, and for a good reason; for a while there, he was looking like the lovechild of Phoenix Wright and Count Chocula. Please do imagine that.

And in case you can't read my handwriting at the top: cras amet qui nunquam amavit; quique amavit, cras amet (roughly: May he love tomorrow who has never loved before; And may he who has loved, love tomorrow as well.) I realize that's pretty dramatic for a picture of a pantless man eating cake, but I couldn't help myself.

WARNING: nudity, sexual innuendo

picture after the cutCollapse )
37 photographs smile for the camera?

art: Sweet Dreams & Nightmares [26 Apr 2009|10:45pm]
PHEW. So this turned out pretty much nothing like I planned. Seriously, the only part that even resembles my sketch is Watson. Good old Watson! And I know the anatomy is ridiculous. I know. But it's useless pointing mistakes out to me, because no matter what, this thing is DONE. Finished. Never to be touched again. By the way, I really wanted to do something dirty, but my nerves couldn't take it. Maybe next time...

WARNING: nudity

picture after the cutCollapse )
46 photographs smile for the camera?

買っちゃった [06 Apr 2009|11:07pm]


遂にちょうどいいバージョンが見つけた。前に探した時に、1953年に訳された本しかなかった。古いから、カタカナは出っていない。むしろ、煩わしい漢字がたくさんある。例えば、「名馬シルバー・ブレイズ」より、「名馬銀星号の謎」だ。超諄くて、いやだから、新しいバージョンを読もうと思った。それで、光文社文庫のを買った。絵も入っとるので、わくわくしちゃった。しかも、翻訳も興味深い。買った本は「生還」を使ったが、ほかのを「帰還」、「復活」とか使った。「Revival」、「return home」、「come-back」との相違は難しい。翻訳するのが確かに微妙だね。
smile for the camera?

art: 221B [06 Apr 2009|09:46pm]
About two months ago, I decided to re-read all of Sir Arthur Conan Doyle's Sherlock Holmes. I've loved those stories since I was a kid, but there was a lot I didn't remember about them. Above all, I forgot how much I loved Holmes and Watson... together, if you know what I mean, haha! Well, that lead to me devouring all the fanfiction I could find. Which, in turn, lead to me being late to work a few times. Time well spent, however. Inspired by all that, I decided to draw something as a present for a friend, who is the biggest Holmes fan I personally know.

It's been quite a while since I seriously drew something. The results are slightly... rusty. I'm still balls at shading - that hasn't changed, haha. Well whatever! Overall I'm really satisfied. It was a fun experience. Hopefully I can find time to draw more of them soon. :]

picture after the cutCollapse )
55 photographs smile for the camera?

You shot my Speckled Jim?! [02 Apr 2009|11:43pm]
On my way to work this morning, I came across a few pigeons wandering around out in front of the subway entrance. I tend to space out while I'm walking, so my mind was pretty blank. The very first thing that popped into my head when I saw these pigeons was: "That bird looks delicious." Huh. I must be craving chicken or something. But seriously, it was a really plump pigeon...
smile for the camera?

偉そうなイルージョン [02 Apr 2009|12:40am]
今日はエゴにやさしかった。外国人の先生は急にクラスをもらったから、ビジネスミーティングを出席できなかった。それでBMはすべて日本語で行われた。マネージャーが僕の語学力をそんなに信じてくれたから、あまり感動した。もちろん分からない時がたまにあったけど、ほとんど大丈夫だった。後で、新しい主任に「BM、いつも日本語ですか?」と聞かれた。外国人の先生が出席したら、日本人の先生が英語に訳すことになったことを説明した。だって、彼は印象づけられた。「すばらしいね」と言ってくれた。マネージャーも「そう。ほとんど分かるよね。99%ぐらい?」と笑いながら言った。僕は「いいえ、いいえ」と返事したから、マネージャーが「本当?でもね、先生の悪口は絶対に言えないでっしょ?分かるからね。」と冗談した。事情だから、僕はげらげら笑っちゃった。マネージャーをよく焦らしちゃうのに、(逆もよく起こるのに)、マネージャーのことがちょっと分かってきたと思う。私たち、早くお互いに許すから、気安いし、まだまだ友達で進める。やぱり、今日がよかったという理由で、僕はそんなことが言える。明日は違うかもしれないけど、ハハ!
smile for the camera?

一人で戦っとる感じ [01 Apr 2009|12:18am]
最近、仕事は最低なんだ。毎日は前日よりも大変だ。マネージャーが嫌いだということはないけど、先生方の考え方が分かってくれないのが超いら立たしい。実は、「分かってくれない」というよりも、「聴いてくれない」という問題だ。学校のことはマネージャーのマイウェイでやっとるから、カオスになっちゃった。きれいじゃなくて、メッチャめちゃくちゃだ。そして、スケジュールは知らせずに変わる。誰がどのクラスを教えることはみんな(先生も、生徒も、マネージャーでも)ぜんぜん分からん。僕には何もできない気持ちもイヤだ。でもその気持ちは仕事に対してだけじゃない。毎日、語学の学び方と勉強し方を教えるのに、自分の語学力が萎んどる。友達と比べると恥ずかしいほどだ。今に書いた言葉でも超不自然で、間違っとるに違いない…

でもね、大体ハッピーだよ。なんとなく。
smile for the camera?

full-circle [29 Mar 2009|11:30pm]
After avoiding LJ like the plague for more than a year, I've decided to give it a go once again. I can't say that anything of much use will come out of this; however, it will hopefully help me keep in touch with some friends, and also provide me with a place to promote any art that I find time to do. And anyway, it will probably do me some good to sit down, think things out and write once in a while. Even if it's about nothing in particular.

That's all for now, I suppose. Cheers.
smile for the camera?

navigation
[ viewing | most recent entries ]